文字起こし-「TPPはNWO!絶対無理!!」ジェイ・エピスター氏

@Peppar21 さんが文字起こしして下さいました。ありがとうございました。これはTPPを理解する上で大変重要な動画だと思います。

「TPPはNWO!絶対無理!!」ジェイ・エピスター氏ダイジェスト

あの、TPPなんかっていうのは、僕の実感では、あれは参加した段階で日本の国なくなりますね。あの、本当になくなっちゃうと思います。

っていうのは、僕は、その、国際情勢調べてて、で、ニューワールドオーダー、新世界秩序っていうのを調べてる内に、その、国とかを作ってる、国連とかですね、今だと。そうやって作ってきた人達がどうやって国をね、作っていってるのかっていうのを調べて行くと、必ずあの、政治的な統合からではないんですね。必ず経済的な統合から。

で、最後みんなが仲良くやってると思うと政治的に繋がってもう国になってましたっていうことをやられるんですけど。TPPで、その、えー、関税もそうですけど、色んなルールがですね、日本のルールが全く通用しないと。

でこれ、農業の話とか、もっと他の事も出てくるんですけど、そういう事じゃ無くて、24項目ある訳ですよ。で、これはアメリカ方から、あとで説明しますけど、アメリカ方から用意されたもので、24項目。これをみんなでオープンにしろって言ってるけどオープンにしろじゃなくて、自分達のルールを呑めって言ってるだけなんで、そうすると24項目をね、絶対全部攻略しようと思ってる訳ですよ、向こうは。

だから、農業とかだけの問題じゃなくてですね、で、見てくと、サービス業とか、あと多分大事になってくるのは知財ですね。知的財産。えー、特許。このあたりも取られちゃうと、日本もう何も無くなっちゃうじゃないですか。

で、もちろんあの、サービス業、金融とか、そういう所からお金の所にも入り込んでくる訳ですけど。多分一番痛いのは特許関係かな。

だけど、みんなあのー、気が付いた方が良いんですけど、えー、守るにも何にもね、日本のあの、上場企業っていうのは、もはやほとんど上位100社とか、あのー、バーっと調べてくと、100社くらい平気で、あれですよ、上場企業が、33%(外資系に)株式取られちゃってるから。

だから、一言で言うと、多分経団連っていうのは「外資圧力ロビー」ってもう考えていかないと、日本を代表する企業群だなんて思ってると、中身が全く違うから、だからTPPに関しても開け開けってやる訳ですよ。あれ外資だからですよ。

と、あと住友化学は、えー、モンサント(アメリカに本社を持つ多国籍バイオ化学メーカー)ですか、付き合ってんのが。ね、あの、アメリカの農業を食い荒らしちゃった。あのモンサントっていう会社とケミカルで繋がってる。これが住友化学ですよね。そこが経団連の、まぁトップをやっていると。まぁそう状況でTPP行っちゃっていいのかって話。で、あとでちょっと出てきますけど…

で、TPPに関してはですね、中野剛志さんの、ビデオを観ればですね、大体分かると思いますけど。大事な点はですね、24分野、こんなにあって、こんなこと全部、日本人は、外人がどうやって攻めて来るかを、守り切れません。全く。無理です。無理無理無理無理。全く無理だから、こんなもの、受け入れたら、だって、何が関係してると思います、これ。

ブログにもちょっと、細かいことを書いといたし、高市早苗だっけ、あの人がちょっと細かく言ってるけど、根こそぎ持ってかれますよ。日本にある、価値のあるものは。

それは知的財産とか特許とかね、そういうのも含めて、温泉だろうが何だろうが、良い風景の所だろうが何だろうが取られますけども、一番やっぱり僕がね、ヤバイなぁと思うのは、労働は外人が入ってくるとなると、日本人って何がマズいかっていうと、英語が喋れない訳ですよ。外人が何喋ってるか分かんないから、もう犯罪の対策が全く無理です。日本人の弱点です。無理です。

外人なんか日本にそんなたくさん入れちゃダメ。僕はあの、外人と渡り合えるタイプだけど、今の日本人じゃ無理です。だから無理。

あと、知的財産ですね、このあたりが言われて無いけれど、これ持ってかれたらもう終わりっていう事ですから。まあまあ、そういうのがいっぱいある。あのー、サービス業もそうだし、金融なんかも全部持ってかれちゃうでしょうし。まあ色々ですね。

で、中野剛志さんがね、確かね、えー、韓国がFTAを打って、随分なんか持てはやされてるけれど。FTA、条件付きの交渉したって、韓国、ボロクソにぶっ壊されてるでしょ今。もう何一つ韓国の自由なんか効かなくなって、韓国もうほとんど主権を移譲したに近いよね。やられちゃった。

あれFTAだから良かったなんて事じゃ無くて。全くメシ取られちゃった訳で。あの、まあそういう事が韓国にも起きてる。

あと韓国も、あれですよね、イミョンバクって人はビジネスマンで、非常にある、詳細はあるけれど、それは、あの、グローバル的な詳細であって、韓国国民は泣いてますよね。でもそれでもやるしか無いんでしょう。

その、韓国が全部沈んじゃうぐらいだったら、数社の企業ででも引っ張って行かなきゃいけないっていう、使命感に駆られてやっているんだと思うんだけど、数社の企業だけで成り立つ国っていうのは、一般の、一番、えー、住んでる人達、中流のね、ここんところが薄くなってしまうので、これは国家として、そもそもがダメなんですね。

で、日本っていうのは総中流社会っていう一番良い社会を実現してたのに、捨てちゃったんだね。だからまた、あの、それを捨てて、今無くなってくところをちゃんと考えて、また取り戻さなきゃアカンなという事ですけど。これだけ(項目が)あるから、もう全く農業だけじゃなくて、無理ですから。あの、絶対に反対しないと。

あの、あっという間に日本という国は、あの、本当の意味で何にも決めれないということは、あの、奴隷と同じですから。主権っていうものがなくなる。日本国の主権がなくなるんです、何に関しても。だから、まずはこれを受け入れちゃダメ。交渉に乗っちゃダメ。交渉に乗ってから、あの、ダメですって言えるほど日本人、あの、ちゃんとしてないんで。だから、まず交渉に乗らないで、「まだ乗れませんね」って言って、ほっとけばいいんです。

どうせ別にあの、アメリカとだけの貿易で、今までもアメリカとは貿易して来てますから、十分。関係無いですね。(中略)

まあそういう事でそこはサクッと行くんですけれども、えっと、一つだけあと忘れちゃマズいのはですね、えー、TPPでもですね、えー、農産物、食べ物ですね。それが入ってくる云々、入ってこないだとか、色々言われてますけど、実はアメリカっていうのは、アール・バッツっていう農務長官が、えー、これは74年ですね。

74年の段階で、えー、我々は穀物を外交上の手段としてどう使うべきか学んでいますと。アメリカの穀物は強力な武器なのです、っていう事を74年当時からもう言ってる。

74年っちゅう事はオイルショックとかなんかあった、ね、色々あった頃でしょ。なんか要するに、物が足りないとか、なんか騒乱になる時、こういうアイデアっていうのはすぐ出てくる訳ですね。今だって、世界恐慌が来てる時、これになるに決まってる。

で、この人がまたもうちょっと歳取ってですね、ついこないだですよ。また出てきて、言ってるのは、「食料はアメリカが持つ外交上の強力な手段です。とりわけ食料を自給出来ない日本には有効です。日本に脅威を与えたいのなら、穀物の輸出を止めれば良いのです。

無論それはあってはならない事です。しかし、何か事態が悪化して、そうせざるを得なくなったら、日本は酷い事になるでしょう。日本は自国の農業だけで国民を養う事など出来ないのですから」ってはっきり教えてもらってるんで。ダメでしょ。TPPは、この人がこんな事言ったからやりませんって言えば良いんですよ。ね、それだけのことです。

これやっちゃマズいですよ。だし、食べ物っていうものが、日本は食料自給率が無いっていう事が、完全な弱点だっていうことですよ。安全保証上の弱点ですね、これはね。だから、即刻100%にしないと、えー、戦争に駆り出されますよ。日本はその気は無くても、飢えてたら、お前の国飢えてんだろ、来いよって言われちゃったら、行くしかないでしょ。

飢えてなければ、いやいやうちはいいですからって言える訳で。飢えてるか飢えてないかはもう大事な点なんですよ。だから、食べ物とエネルギーだけは、この経済崩壊の中で確保しないと、日本は良いようにやられるし、何の抵抗力もないっていう事なんです。はい。